ORDENESギター教室・ウクレレ教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 「音名」と「階名」の違いの謎を解くキー 総まとめ

<<   作成日時 : 2009/10/19 08:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

[ギター] ブログ村キーワード


画像目次リンクです

「音名」と「階名」の違いの謎を解くキー

どれが「ドレミ」?どれも「ドレミ」!

音階のしくみを見てみよう!「Key(キー)」って何?

「Key(キー)」って何?その2

音楽の「ABC」「ドレミ」はイタリア語だった!?

どの鍵盤から始めたか? それが「key」!

「ドレミの歌」でおさらいしよう!



「音名」と「階名」の違いの謎を解くキー



前回、世界中に
さまざまな「スケール(=音階)」があり
それらの違いを体験しました。

これからは、さらに、
音階がどのようにしてできているのか
その仕組みを詳しく知ることで
音階の基礎を学びます。


画像 教室の入り口でハイビスカスが相変わらず
画像を拡大          咲き続けています



どれが「ドレミ」?どれも「ドレミ」!




「音名」と「階名」の違いの謎を解くキーその2


どれが「ドレミ」?どれも「ドレミ」!

「ド〜、レ〜、ミ〜、ファ〜、・・・・・」
誰でも何度か、歌った事があるのが
「ドレミファソラシド」の音階ですね。

試しに今、誰かと「せ〜の!」で「ドレミファソラシド」を歌い始めてみて下さい。

同時でなくても、それぞれが思い思いに歌ってみると、
意外にも、音が揃わない(合わない)事が多いのではないでしょうか?

しかも、それぞれの「ドレミファソラシド」を聴くと、
ちゃんと「ドレミファソラシド」になっているのに・・・。

なぜでしょうか?
どれが正しい「ドレミファソラシド」なのでしょうか?


どれが正しい「ドレミファソラシド」なのでしょうか?

ヒントとしては・・・、
例えば、カラオケで同じ歌を歌っても、
歌う人によって
その音の高さが違ったりすることは
皆さん経験済みですね

そして、それを「key(キー)」と呼んでいる人も多いと思います。
「キーひとつ下げて」とか「キーが低いみたい。ふたつ上げてみようか?」
などと言い交わしています。

声の高い人、低い人・・・、
人それぞれに得意な音域があるため、
同じ歌でも気持ち良く歌える「key(キー)」は
人によってまるで違うものです。

もうお分かりだと思いますが
「ドレミファソラシド」の音が合わないのは
それぞれが違う「key(キー)」で歌うからです。

実は、この「key(キー)」が、
音楽の基礎を理解する上で非常に大切で
大きな役割を担っているのです。




音階のしくみを見てみよう!「key(キー)」って何?




下図はピアノの鍵盤ですが
ひとつひとつの鍵盤のことも「key(キー)」と呼びます
小学校で「ド」の音を探すときに
「ふたつ並んだ黒い鍵盤の、すぐ左の白い鍵盤」
などと覚えた人も多いはずです。

画像
画像を拡大

そこから右へ白い鍵盤だけを弾いてゆくと
「ドレミファソラシド」が弾けました。
(「音階ー1」参照)





今弾いた「ドレミファソラシド」は
今後のすべての基礎になるので覚えてみましょう

今はひとまず
白鍵に付いた名前(=「音名」)として覚えて下さい。

こここで、白鍵と黒鍵のすべてを階段に見立ててみると
「ドレミファソラシド」の1オクターブの間には
13段(「ド」から「シ」までは12段)の階段があることになります。

そして長音階「ドレミファソラシド」を弾いていくと
「ミ」と「ファ」の間、「シ」と「ド」の間以外は
すべて間の黒鍵をひとつ飛ばしています。
白鍵に番号を付けると3から4へと、7から8へはすぐ隣で、
それ以外はひとつ飛びで階段を登っているわけです。

「音階ー1」で
「ドレミファソラシド」を「長音階」と呼ぶスケール(音階)だと紹介しましたが、

実は「ドレミファソラシド」には、
前述のように鍵盤に付いた名前のほかに、
この階段の上り方(=スケール)も指すのです。



画像 さぁ〜てっ今日もお勉強!いってみよう〜〜 

.                        画像



「Key(キー)」って何?その2



「音階ー1」で
「ドレミファソラシド」を「長音階」と呼ぶスケール(音階)だと紹介しましたが

実は「ドレミファソラシド」には
前述のように鍵盤に付いた名前のほかに
この階段の上り方(=スケール)も指すのです。

画像
画像を拡大


その場合、一つ目を「ド」
二つ目を「レ」
続いて「ミ」「ファ」…と呼んでいきます。

これらを「階名」と呼んでいるわけです。







ですから、どの階段から始めても階段の上り方さえ同じなら
同じスケールとして「長音階」を弾くことができ
それらはすべて「ドレミファソラシド」なのです。

カラオケなどで言う

「b1」は一つ左の鍵盤(キー)から始める「ドレミファソラシド」で
「#2」は二つ右の鍵盤(キー)から、という意味です。



どこから始めても「ドレミ」になる!

試しに「音名」の「ファ」の鍵盤から、「ドレミファソラシド」を弾いてみましょう。
「ファ」からなので順番に読めば「ファソラシドレミファ(シはb)」ですが
「ファ」の鍵盤を「ド」として弾き
一つ飛んで「レ」、一つ飛んで「ミ」、
その隣の黒鍵で「ファ」、
そこから一つ飛びで「ソ」「ラ」「シ」隣の白鍵が「ド」と弾いてみましょう。
画像
画像を拡大
ちゃんと「ドレミファソラシド」になっていますね(^.^)b。


このとき、
鍵盤についた名前のまま「ファソラシ(=♭)ドレミファ」と歌う方法を
「固定ド」唱方と呼び

「ドレミファソラシド」と歌う方法を「移動ド」唱法と呼びます

また、「移動ド 」で歌った場合のスケール(ここでは長音階)それぞれを
その始まりの鍵盤の名前をとって呼びますが
これが「Key(キー)」なのです

音源のサンプルをお聴き下さい

Ab


A


Bb


B


C


Db


D


Eb


E


F


F#


G








音楽の「ABC」「ドレミ」はイタリア語だった!?



画像相変わらずツマグロヒョウモンをよく見かけます

音楽の「ABC」

あるときは「ファ」、またあるときは「ド」はたしてその実体は・・・?
少々ややこしくなりましたが
本当はすごくシンプルです
ここでは「階名」と「音名」についてまとめます。

「ドレミ」はイタリア語だった!?


下の譜面には「音名」をあげています
ピアノの鍵盤
(厳密に言うと、その鍵盤を弾いて鳴る音)一つ一つには
それぞれに名前がついていて
それらを「音についた名前」という意味で「音名」と言います

譜面を見ても分かるように
「音名」は国によってその呼び名が違います


画像

画像を拡大




前回白鍵の名前(音名)を
「ドレミファソラシド」と覚えましたが
これはイタリア語である事が分かります

そして階名として呼ぶ「ドレミファソラシド」も
この、イタリア音名が基になっています

英語とドイツ語の音名はほぼ同じですが
「シ」が英語は「B」ドイツ語は「H」となっています


.      参照:参照:週間マイミュージックスタジジオ DeAGOSTINI





どの鍵盤から始めたか? それが「key」!



「音名」を使って
それぞれのスケール(「音階」)に名前をつけて
区別しています

どの鍵盤(=Key)から
「ドレミファソラシド」の長音階を始めたのか?
それを、その鍵盤の名前(「音名」)を採って
「音階の名前」としているわけです

そしてこの「音階の名前」を
「Key(キー)」と呼んでいるのです

「Key(キー)」の名前は
クラッシックでは
ドイツ音名が主流ですが
ポップスでは
英語読みの「音名」を使うのが一般的です

例えば、普通の「ドレミファソラシド」は
「C」音から始めた長音階なので「C」

「F」から始めた「ドレミファソラシド」は「F」と呼び

「G」から始めた「ドレミファソラシド」は「G」となります

バンドをやっている人たちがよく
「Keyは(G)で」とか「(Bb)のKeyで」
などと言っていますが
このようにして「音階」のしくみを知る事で
どんな歌や曲も
自分に合ったKey(キー)で歌ったり
演奏したりする事ができるのです

画像
画像を拡大




「ドレミの歌」でおさらいしよう!



音に付いた名前「音名」と、音階のそれぞれに付いた名前「階名」
これらをもっと分かりやすくするために
「ドレミの歌」を使って体験してみましょう

「階名」で歌う 
ごぞんじ「ドレミの歌」には
歌詞に「ドレミ〜」が出てくる事もあって
非常に分かりやすいので
サンプル曲として
取り上げてみます
小学校の音楽の授業で
階名で歌った覚えはないでしょうか?

今回はそれを思い出しながら
ぜひ、階名で「ドレミの歌」を
歌ってみましょう

譜面は
歌の後半部分を使います

映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中でも
ジュリー・アンドリュースや
トラップ家の子供達が
「階名」で歌っているところですね

念のため
「F」のキーで歌う「ドレミの歌」も用意しましたので
確認してみてください

試しに「音名」で歌ってみるというのも
面白いかもしれません

このようにして
ほかにも好きな歌を
「階名」で歌ってみてください

音の階段の仕組みが頭に入ってしまえば
その法則を使うことで
好きな歌を、好きなKey(キー)で
自由に歌うことができます






画像
画像を拡大







参照 DEAGOSTINI 週間マイミュージックスタジオ




今日の昼ご飯 今日のダイエット&自己チェック


*教室情報*






*ケータイ版ギター&ウクレレ教室情報* *PC版ウクレレ&ギター教室情報東京板橋* ORDENESギター&ウクレレ教室 東京 板橋 ギターリンク集  音楽教室検索  メンタルヘルス・欝  相互リンク大歓迎 仲良し お友達リンク集2ギター ウクレレ東京 板橋 音楽教室 初心者 習い事 ORDENESギター&ウクレレ教室 ギター ウクレレ 東京 板橋 音楽教室 初心者 習い事











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんとなく理屈自体は理解できた気がします

歌うって、難しいですね
やじろべえ
2009/10/19 19:24
やじろべえさん
読んでくれて、ありがとう!!!
まあ、楽しく歌う事が一番だけどね

  (о^∇^о) ニコニコ
がきさん
2009/10/20 08:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「音名」と「階名」の違いの謎を解くキー 総まとめ ORDENESギター教室・ウクレレ教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる